企業情報

当矢グループについて

変わり続け、進化し続け、200年続く企業グループをめざします。

私たち当矢グループは、真のお客様満足をご提供するために、変わり続け、そして進化し続け、200年続く企業グループをめざしてまいります。

明治34年から続くマッチ製造メーカーから当矢グループは始まりました。
明治34年、マッチ製造からスタートした当矢グループは今年で創業110余年。初代・妻鹿與三吉が兵庫県姫路市に妻鹿燐寸製造所を創設したことが始まりでした。以来、「企業は変わり続けてこそ存続できる」という信条のもと、いまでは印刷と医療福祉という2つの柱を展開。1世紀という時を超えて革新と進化を続けてまいりました。
そのグループの中核を担う当矢印刷は、オフ輪印刷のパイオニアとして、そして先進のトータルプリンティングシステム「インラインフィニッシュ」を有する日本でも数少ない印刷会社として、業界の中でも圧倒的な生産力と品質力を誇り、高いお客様満足を提供し続けています。
また医療福祉分野では、姫路愛和病院を中核に老人福祉施設など4施設を展開。創業の地に貢献すべく高齢者医療に力を注いでおります。

当矢印刷とは

「オフ輪の当矢」から「インラインフィニッシュの当矢」、そして「提案力の当矢」へ。
当矢印刷株式会社は、関東で最初にB縦全判オフ輪機を導入して以来、「設備力は、表現力」という考えのもと次々と設備を拡充。つねに先進の設備を整え、当矢印刷にしかできないモノづくりにこだわってまいりました。
また、現在では日本にまだ十数台しかないトータルプリンティングシステム「インラインフィニッシュ」のうちの4台を保有。「オフ輪の当矢」から「インラインフィニッシュの当矢」としてさまざまな印刷ニーズに対応、高効率で高品質な印刷サービスを短納期・低コストに実現できる企業として高いお客様満足を提供し続けています。平成23年には、広告宣伝物の企画・開発・デザイン・製造までを手がける株式会社ヤカを子会社化。さらに幅広いニーズにお応えし提案できる体制となり、印刷分野での連結売上高は100億円を突破するまでになりました。
当矢印刷は、これからも「感謝の気持ち」と「真摯な態度」という創業以来の当矢スピリットを守り続け、「先進の設備力」と「確かな提案力」で、ますます高度化・複雑化するお客様ニーズにお応えし続けてまいります。

グループ基本方針

私たちは、つねに「感謝の気持ち」と「真摯な態度」でお客様と向かい合います。
私たち当矢グループには、1世紀を超えて守り続けてきた基本方針があります。
それは、「感謝の気持ち」と「真摯な態度」でお客様と向かい合うという当矢スピリットです。

【当矢グループの基本方針】

私たちは明治34年創業時の原点に立ち戻り
「得意先には仕事をさせていただいている」
「仕入先には売っていただいている」
「協力企業の方々には仕事をしていただいている」

という感謝の気持ちと謙虚な姿勢で何事にも接する社風を築くとともに、社員一人一人が真摯な態度で行動し、誰からも尊敬され、賞賛され、そして愛され、200年続くグループにする。

まじめにひたむきに努力し、会社に関係するすべての人々に「感謝の気持ち」で接し、つねに「真摯な態度」で向かい合うことが、真のお客様満足、そして真の企業発展につながると信じています。

私たち当矢グループはこの基本方針をもとに、これからも真のお客様満足をご提供するために、変わり続け、そして進化し続け、200年続く企業グループをめざしてまいります。
200年続く企業グループをめざして。──私たちは当矢グループです。